Activity

SCIXスポーツ・インテリジェンス講座

 『SCIXスポーツ・インテリジェンス講座』は、スポーツ界の知見豊かな方々を講師に招き、スポーツの在り方や人材育成のポイントを学ぶ講座です。

第14回 SCIXスポーツ・インテリジェンス講座
―スポーツの多様な見方、考え方。クロススポーツ・インテリジェンス―

人材の育て方、活かし方―『リーダーシップ』を考える!


※ 今回よりZoomウェビナーによる「オンライン講座」となります。
Zoomウェビナーの操作マニュアルはこちらから

講座内容

2020年の今年ほど、「指導者の資質」や「リーダーシップ」が問われた年はないだろう。
政治、経済はもちろんスポーツ界においても、コロナ禍であえぐ中、新様式を創造し、新たなスポーツの在り方に導いてくれる、時代の牽引者たる存在が待ち望まれている。
例えば、ラグビーW杯2019日本大会で、多国籍軍団と揶揄された日本代表を、見事に“ONE TEAM”にまとめ、初のベスト8に導き、多様性共存社会に相応しい指導者、リーダーとして絶賛された日本代表HCのジェイミー・ジョセフやキャプテンのリーチマイケルのような存在の出現はあるのか。
21世紀は多様性の時代と言われながら、依然として多様な個性を認めない、昭和の体育会的体質に覆われている、スポーツ界に代表される日本社会。withコロナ時代の中、改めて「指導者とは何か」「リーダーシップとは何か」を考えてみたい。

日程・各回テーマ

第1回 2020年9月26日(土)19:00~20:30

『今こそ「リーダーシップ」とは何かを考えてみよう! ~「体育会的リーダーシップ」から「知育的リーダーシップ」への転換~』

講師&司会:平尾剛 氏(ラグビー元日本代表 神戸親和女子大学教授)
講師:玉木正之 氏(スポーツ文化評論家)

Photo
第2回 2020年10月17日(土)19:00~20:30

『大学スポーツで育つ「リーダーシップ」とは~ ~4年間、競技や仲間と向き合うことで磨かれる「人間力」がリーダーを、人を育てる~』

講師&司会:平尾剛氏(ラグビー元日本代表 神戸親和女子大学教授)
講師:鳥内秀晃氏(関西学院大学アメリカンフットボール部前監督)

Photo
第3回 2020年11月14日(土)19:00~20:30

『リーダーシップは「資質」か「技術」か--。 ~ラグビー日本代表の躍進から見るリーダーの育て方~』

講師&司会:平尾剛氏(ラグビー元日本代表 神戸親和女子大学教授)
講師:荒木香織氏(元ラグビー日本代表メンタルコーチ 園田学園女子大学人間健康学部教授)
   村上晃一氏(ラグビージャーナリスト)

Photo
※ 都合により日程変更の可能性もあります。予めご了承下さい。



主催
特定非営利活動法人
スポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構
(略称:SCIX=シックス)
受講形式
「Zoomウェビナー」によるオンライン講座
視聴方法について
  1. Zoomを初めて利用される方は、下記URLから「ミーティング用Zoomクライアント」を事前にダウンロード下さい。
    https://zoom.us/download
  2. スマートフォンやタブレットを利用される方は、下記から「Zoom Cloud Meetings」をダウンロード下さい。
    iPhone・iPad・・・・・・App Storeから入手(無料)
    Android・・・・・・Google Playから入手(無料)
  3. 下記のお申し込みフォームより参加登録された皆さんには、各回の開催日の1週間前をめどにZoomウェビナーのURLを招待メールにてお送り致します。講座当日は「ここをクリックして参加」をクリックのうえご参加下さい。
    Zoomウェビナーの操作マニュアルはこちらから
定員
100名(応募者が定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
受講料
無料
お申込み先
※ 応募者が定員に達しましたので、締め切りとさせていただきます。
お問合せ先
SCIX事務局(平日10:00~16:00)
TEL:078-261-4046 FAX:078-261-4074

「SCIXスポーツ・インテリジェンス講座」実施レポート

第13回 『2019ラグビーW杯から始まる“ゴールデン・スポーツイヤーズ”。その先陣を切るラグビーW杯の「成功」で示したいスポーツの価値向上』
vol.1 『ラグビーW杯で、あなたは「何」を「見る」…?~「W杯を見る/オリンピックを見る」とはどういう行為を指すのか?~』
vol.2 『“平成最後の日本一”チームとして迎えるラグビーW杯2019日本大会。そこから見えるKOBEのラグビーと日本ラグビーのこれから――。』
vol.3 『2019ラグビーW杯の「成功」でつかみたい「ラグビー人気復活」。そこから、もう一度始めたいラグビー文化定着への議論や取り組み――。』
2019年6〜8月
第12回 『フットボールタウン神戸は、2019ラグビーW杯から始まるスポーツへの関心・熱気の高まりをどう市民生活に結びつけていくか』
vol.1 『スポーツを”知る”“学ぶ”から始める、フットボールタウンKOBEの未来』
vol.2 『1本のトライは、五輪のメダルにも匹敵する喜び!~元日本代表の語る体験的ラグビー論』
vol.3 『ラグビーの持つ“多様性”“寛容”の精神を、どう日本のスポーツ文化に融合させるか~2019ラグビーW杯からの取り組み』
2018年6〜8月
第11回 『スポーツの多様な見方、考え方』―クロス・スポーツ・インテリジェンス
vol.1 『“運動が苦手な人”も楽しめるー。“ゆるスポ”に見るスポーツの多様性を考える』
vol.2 『コーチングジレンマ 〜その向き合い方と乗り越え方』
vol.3 『強い組織を作る、もう一つの戦略〜メンタルトレーニングの使い方』
2017年5〜8月
第10回 『スポーツの多様な見方、考え方』―クロス・スポーツ・インテリジェンス 2016年6〜8月
第9回 『スポーツの多様な見方、考え方』―クロス・スポーツ・インテリジェンス
vol.1 「チーム競技」と「個人競技」
vol.2 「スポーツを書く」と「スポーツをしゃべる」
vol.3 「W杯に導く指導者」と「W杯で勝てる指導者」
2015年5〜8月
第8回 『スポーツが育む「知恵」を どう社会に活かしていくか。』人を育て、導くためには何が必要か─。 2014年5〜8月
第7回 『スポーツとは何か、コーチングとは何か』人を育て、導くためには何が必要か─。
Vol.1 『スポーツとは何か、コーチングとは何か』
Vol.2 『なでしこの育て方』
Vol.3 『スカウトは預言者であれ』
Vol.4 『スポーツとは何か』
2013年4〜7月
第6回 『スポーツの活かし方』〜個(アスリート)の可能性をどう引き出し、組織や地域に活かしたらいいか〜
Vol.1 『スポーツを考える』
Vol.2 『根拠のない自信を育てよう』
Vol.3 『失敗して学ぶ 成功して学ぶ ―可能性の引き出し方』
Vol.4 『市民スポーツ発 アスリートの育て方~地域とマスコミの役割』
2012年4〜8月
第5回 『コーチング』を考える
Vol.1 『コーチングで何が変わるか』
Vol.2 『夢を育てるコーチング』
Vol.3 『“心”を動かすコーチング』
Vol.4 『努力は裏切らない』
Vol.5 『支えあう仲間の大切さ』
2008年5〜6月