今季球界に復帰した、日本ハムの梨田昌孝監督がシーズンインに合わせて、「野球論」(私はコーチングの本だと思ってますが)についての新書を出されていたのはあまり知られていませんよね。

梨田監督というと、NHKの野球解説などでよくご覧になられた方も多いと思います。「やさしい」、「温厚」、「紳士」というイメージが強いのですが、この本の内容は意外と過激です。

選手時代から、近鉄の監督、評論家時代、そして日ハム監督に就任するまでのことが実名入りで書かれてます。

実名入りと言っても暴露本ではないです。ちゃんと梨田監督の野球論が、しっかり書いてありますからご安心ください。

まえがきに、「体験をまとめてみたのが本書である。もちろん、北海道日本ハムファイターズ監督としての所信表明も織り込んだ。タイトルは戦術眼とやや硬めになっているが、家庭や職場、学校のコミュニケーションにも活用していただければ幸いです」と書いてあります。

捕手出身であることから、『見ること』の大切さを常に意識してこられたということのようです。

『見るときの立ち位置、見る方向、どれぐらいの時間を見据えて見るか、また、選手を見る眼(いわゆるコーチング)、自分を見る眼(セルフコーチング)』についてよく書かれています。

専門的なことも、とても易しい言葉で書いてあり、野球を知らない人から、プロ野球ファンまで、幅広い方に興味深く読んでいただける本だと思います。

「一流への条件は自己成長」という項目では、ファームの役割は何かということで、それは将来性豊かな選手を“育てる”ことに間違いないが、この“育てる”を突き詰めていくと、それは指導者から手取り足取り教えられることではなく、自ら強い向上心を持って取り組んでいくことだと。

究極の育成法は、“自分の努力で自身を成長させること”であると。その為には、指導者の本当の役割は何かというと、選手たちに自己成長の大切さを伝え、自ら伸びていこうとする選手にきっかけを与えたり、成長過程でのサポートをしてやることだろうとか書いてあります。

すなわち、『指導者が気付きを与え、そして自ら気付くことが大事ということ』を言っていると思います。

いろいろなエピソードがありますが、その中に、梨田監督が、ドラフト2位で近鉄に入団した春季キャンプのことが書かれてあります。強肩ぶりをアピールするために、メジャーリーグの捕手を真似て座ったまま投手に返球したそうですが、しかし、坂東里視さんという先輩投手から、こう注意されたそうです。

「梨田、ボールを受けたら1球ごとに立って返球しろ」と。

初めは座ったまま返球している態度をたしなめられたと思ったそうですが、それを続けていくと、足腰がしっかりしてきたそうです。正しい捕球姿勢やスローイングは中学生でも理解できるが、段々基本を忘れがちになる。それに気付き、感謝したのは後になってからだそうですが、プロ生活のスタート時点貴重なアドバイスをもらって、実践してきたことで今があるのだと。

他の監督とは、違った視点、多角的な視点からの野球論があり、また、あまり知らなかった日本ハムの選手のこともわかり、今年も好調なチームを見るのに、大変参考になりました。

楽天の野村監督はご自分のことを、「月見草」を仰ってますが(それは長島さんの「向日葵」に比較させての話しのようですが)、私には相当に派手な「月見草」に見えます。

梨田監督はどう例えればいいのでしょうか?今、北海道ですし、凛としたイメージがありますので、「スズラン」というのはどうでしょうか?因みに、花言葉は「幸福の再来」、「意識しない美しさ」だそうです。それから、別名が「君影草」だそうです。でも、「スズラン」ではちょっと強さがありませんよね。ぜひとも、皆さんのご意見お待ちしてます。

参考文献 『戦術眼』梨田昌孝著 ベースボールマガジン社新書      定価760円+税 (平成20年4月1日発行)