久々のBlog Upとなりました!
先週の土曜日は思うところがあり、山■クラブの練習を見学しに行ってきました。
随分時間が経過しましたが・・
前回Titleに登場した対戦相手⇒試合結果はコテンパンの★

正午からTop-League神鋼vsヤマハ@花園(距離約2Km)があったとは云え。。
キモチは「少年野球練習見学≧神鋼戦観戦」の図式やったかナ?!
練習開始の8時に間に合うよう7:15に原チャに跨り現場に急いだものの、
到着時の7:55には既にアップが始まってて(>_<)
ま!「揃い次第Go☆」ってヤツでしょう。。。

黙って見るのも気が引けたので・・・
挨拶の後、9月に対戦させてもらい“子ども達の強さ・明るさの理由は練習にあると感じたので”云々かんぬん理由を並べ立て見学の許可を戴きました。
「グランド内もOK」と大盤振る舞いの満額回答でしたが・・・
流石にド厚かましいボクも三塁側ネット越しに!
子ども達〜指導者〜お母さんスタッフの一挙手一投足にシッカリ目を凝らし、
シタタメたMEMOはA4用紙表裏3枚!!

7:55〜11:30が『あッ』ちゅう間(XoX)の215分でした!!
ボクの足元には”目から鱗がザック×2”バックネット〜レフト定位置辺りまで、ボクの導線がハッキリ解る程でした(本文より逸れ過ぎてますが・・・)

抽象的表現ばかりなのでPointを整理すると・・・
子ども達が下を向いていない
アップ〜キャッチボール、ノック〜バッティング等、練習メニューが変る時の時間効率が良い(シッカリ休憩〜給水)
各個人で理解度(野球に対する)の違いはあるものの、解ってる子が解ってない子にアドバイスできる環境である(⇒コーチが更にフォローしていた)
失敗した子どもに成功するまでチャンスを与え続ける(⇒周りの子どもコーチも本気でアドバイス=みんなで声援)
指導者(HC・C陣)がみんな明るい⇒暗黙の役割分担(怒り役⇔フォロー役)
ってトコでしょうか♪

漠然としたイメージで・・
”中学強豪〜高校並み”の指導システムが確立しているように見えました。
思い切って目を瞑り《捕る》《投げる》《走る》の基本動作は同じ小学四年生の枠内で捉えたとしても・・・
インテリジェンスの部分を積上げると、我四年生TEAMは山■クラブ三年生と対戦しても厳しいように・・・・
更に思いを巡らせ・・・・・
山■四年に「我六年TEAMは勝てんやろなぁ〜(T_T)」と正直に感じました。。。。


翌日曜日にSCIXコーチングセミナーがあったのは、偶然のイタズラでしょうか?
平尾理事長・鳥内監督(関学ファイターズ)・菊池チーフ(ヴィッセル神戸)の三パネリストのコメントに乗り、操られるコトバ達に色んな映像が浮かび上がり、ホント充実の週末でした!
平尾理事長の”グランド内の小さなコミュニケーション”、”気配・ニオイ”、”最近!理不尽もアリかナ?!って思った”
鳥内監督の”何オレの顔見とんねん!やるべきコトに集中しろォ〜!!”、”ソレどっちが得やねん?”
菊池チーフの”クラブのロイヤリティ=美しく勝つ”、”コーチが一番楽しんでたよネ(^_-)ってハナシ” etc
美齋津さんの球(ネタ)捌きと共にKey Word達が鮮明に蘇ります・・・・
ホントにほんとにリアルに!!


訳あって。。
最近、指導現場を離れております。。。
正直、グラウンドが恋しくて堪りません。。。。
菊池チーフやないけど・・ボクも『マウンドで楽しみ過ぎッ(^o^)』って良くΕ辧ムやあいΨに云われてたもんなぁ・・・

来る日の為に!シッカリ充電し!!準備を整え!!!
今は只管・ひたすら・ヒタスラ自宅で小僧のTバッティングにトスを上げ続けます☆


【追記】サントリー戦@長居△慮紂金武選手(神鋼PR)と少し話しました。
(サントリーに負けはしなかったものの・・)彼は『勝たなけりゃ駄目です!』と力強く言い切ってくれました☆
そして昨日、
ボクの「花園 HS神戸1援行きます(`_´)ゞ」のコトバに⇒『頼むで!全部勝つから!!約束するヨ!!!』と平尾理事長が言い切ってくれました☆☆
コレで、近鉄☆トヨタ☆コーラ☆東芝☆確定♪
勢いで・・ホンダ☆見に高松まで走ろかナ(^_^)/ 
(ETC割引もあるし☆うどん巡りのオプションつけて☆☆)