ボーナスの時期になりましたが、昨今の景気により、中々厳しいのが現実のようです。

こうした中で、いろいろと家計の見直しをされていると思います。一般的に、金額の大きい順ですと、住宅ローンがまず第一ですね。

よく言われるのは、残存期間10年以上、現状のローンと借り換えるローンとの金利差が1%ですが、個別に見ていく必要があります。

各銀行で、借り換えローンと称して、10年固定金利を、一応3.95%という金利を提示してますが、そこから2%近く割引く銀行もあり、実質2%ちょうどで確保できれば、3%程度で現在借りている、もしくは、変動金利の方は、十分に検討するメリットがあると思います。

次に多いのは、やはり、保険の見直しです。

目的は、多い順から、(欷盈舛鮓困蕕靴燭ぁ↓∧欷盈舛旅洪靴あるので相談したい、今の保障内容は自分にあっているのか、て院保険の選び方を相談したい、セ匐,粒愴颪琉戞△匹Δ靴燭藥餠發鯒噂个任るか、ο係紊琉戮了餠發鬚匹η噂个任るか、といったものです。

まだまだ、5人に4人ぐらいの方が、保険屋さんが持ってきた、10年毎に保険料が上がるタイプに入っておられるようですね。

給料が上がらない昨今、更新時期が近づくと初めて気づくことが多いようです。

会社に入ってすぐに生命保険に入って、途中、更新で保険料が上がって、定年までに1,000万円以上も支払うことになっている方も多数お見受けしてますので、お暇なときに、確認してみてください。

わからなければ、自分の担当者にお聞きになるか、各会社にはカスタマーサービスというのがありますので、そちらでも大丈夫です。

賢く生きましょう!年金だけでは、人生80年(女性は85年)を全うするのは・・・。